mineoで適用される割引について

mineoで適用される割引について

セール

mineoでは、「複数回線割」と「家族割」の
ふたつの料金割引サービスが用意されています。

 

 

「複数回線割」は、複数回線を契約した場合に、
各回線の月額料金から50円割引きされます。

 

 

別途申し込みは不要で、複数回線を契約した時点で、
利用開始日の翌月から自動的に適用されます。

 

 

複数の回線を解約することで単独回線となった場合は、
自動的に適用が解除されます。

 

 

複数回線割の適用条件は、
1件のeoIDにつき、最大5回線までとなっています。

 

 

同一回線で家族割との併用は不可能で、
両方に該当する場合は、家族割が優先されます。

 

 

「家族割」は、家族で契約する場合に、
各回線の月額基本料金から50円割引きされます。

 

 

住所が同一である必要は無く、
単身赴任や進学などで離れて暮らす家族や、
ご結婚などで姓が異なる家族にも適用することが可能です。

 

 

mineoのマイページからの申し込みが必要で、
主回線契約者のみが、申し込みとグループ登録をすることができます。

 

 

その際、お住まいの住所や、家族であることを証明する
公的証明書のアップロードが必要になります。

 

 

家族割の適用条件は、主回線を含めて最大5回線まで、
主回線者から最大3親等以内となっています。

 

 

mineoが定める3親等は、実際の法律とは一部異なります。

 

 

主契約者から見て、親世代は曽祖父、曾祖母まで、
子世代は、ひ孫まで、さらに本人と配偶者の甥、姪までが含まれます。

 

 

同一回線での「複数回線割」との併用は不可能で、
両方に該当する場合は、家族割の適用が優先されます。

 

 

主回線を解約した場合は、家族割も自動的に解除となります。

 

 

どちらの割引きサービスでも共通な点としては、
プラン変更やタイプ変更に伴うサービス停止期間も
割引きが適用されますので、安心して利用まで
タイムラグのある手続きも進めることができます。

 

 

「複数回線割」と「家族割」には優先順位があります。

 

 

「複数回線割」の適用回線を
「家族割」の回線として登録する場合、
その回線は「家族割」の適用が優先され、
その他の回線は「複数回線割」が適用されます。

 

 

料金の面では、すべて同じ50円割引きで、
さほど意識をする必要はありませんが、
主回線者以外のご家族が複数回線を契約する場合には、
適用範囲に注意が必要です。

 

 

mineoは、さまざまな斬新なサービスに定評がありますが、
特に「家族割」のような、幅広い世代までフォローした割引サービスは、
大手キャリアならいざ知らず、MVNOで実現しているのは大変貴重で、
この点もmineoが高い評価を得ている理由のひとつです。