mineoのパケットギフトを使いこなそう

mineoのパケットギフトを使いこなそう

ギフト

mineoのユニークなサービスのひとつに、
余ったパケットを他のユーザーと分け合える
便利なサービス「パケットギフト」が提供されています。

 

 

他に類を見ない大変面白い試みで、当然、
別回線を利用している者同士であれば、
友人だけではなく、家族にも贈る事が出来ます。

 

 

家族で加入していると、たくさん使う人、あまり使わない人と、
月々消費するデータ通信容量に差が出てくることがあります。

 

 

mineoでは、余ったパケットの繰越ができますが、
その有効期限は翌月末までとなっています。

 

 

余った容量が有効期限を過ぎて、
ただ捨ててしまうのは勿体無い話ですが、
容量が不足してしまってチャージしたい
家族がいるような場合には、大変役に立つサービスです。

 

 

以下に、具体的な適用条件を挙げていきます。

 

 

ギフトとして使用できるパケットは10MB単位で、
一度に遅れるのは9990MBまでです。

 

 

贈られたパケットの有効期限は贈られた月の翌月末までで、
こちらは余ったパケットを繰り越したときと同じような扱いになります。

 

 

また、同一のeoIDで契約している回線間では利用できませんので、
必ず別のアカウント、別のIDでなければならないため、注意が必要です。

 

 

サービスを利用するためには、
mineoのマイページにログインしてから申し込みます。

 

 

「パケットギフト」を選択し、「ギフトする通信量を入力」の欄に
シェアしたい容量の数字を入力します。

 

 

緑色の「ギフト発行」を選択すると、
申し込み内容が表示されます。

 

 

内容を確認し、白色の「ギフト発行」を選択すると、
ギフトするデータ通信量、パケットギフトコード、
コードの有効期限が表示されるので、
メールなどで贈りたい相手にコードを知らせます。

 

 

コードを贈られた側は、マイページの
「ギフトコードを入力」の欄にコードを入力し、
「ギフト受取」を選択すれば、パケットがチャージされます。

 

 

コードには有効期限がありますので、
期限までに受取の作業を完了する必要があります。

 

 

また、「ギフト受取」の操作をした段階で、
コード発行元のユーザーの容量が足りない場合は、
ギフトの受け取りをすることができませんので、注意が必要です。

 

 

mineoによるパケットをシェアできる各種サービスでは、
余ったパケットを有効活用できるだけではなく、
ギフトのやり取りによって生まれる家族や友人との繋がりからも、
コミュニケーションツールにもなり得るユニークな試みに、
さらなる評価が高まっています。